FC2ブログ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



ミステリー好き。ホラー好き。人形憑き

Category: ブログ  

昨日は、工業会の1年間 お疲れ様会でした。

でも、後3年続きます。任期2年を2回、計4年が縛りです。

最近では、この様な会合も好きなってきました。これも工業会会長の御蔭です。
しかし、
週の真ん中に飲み会とは・・・ちと辛いw サッカーもありましたしww
次は、どうか週末でお願いいたします。^^

さて、今回は本の話。
ミステリー、ホーラー 好きな人も多いと思います。


怖い話には、人形の話などありますが、 
DSC04884.jpg
今回は、電子書籍では味わえない。 サイン本です。

DSC04860.jpg
私の大好きな小説家、「三津田信三」 新作 久々刀城言耶シリーズ!

DSC04862.jpg
そして、これがサイン。 初版でサイン入り! 家宝です。
我が娘が気を利かして、発売日
早朝から新宿で並んで買ってきてくれました。 娘、見直したぞ!

2018-06-29 (1)
133冊の一つが・・・我が家へ(´;ω;`)ウゥゥ   三津田信三 Twitterより

三津田 信三(みつだ しんぞう)は、日本の小説家、推理作家、ホラー作家。2010年、『水魑の如き沈むもの』で第10回本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞する]。


DSC04865_20180629194944f66.jpg
ミステリが読みたい! 2013年 『幽女の如き怨むもの』1位


DSC04866.jpg
2008年 『首無の如き祟るもの』で第61回日本推理作家協会賞

他 本格ミステリ・ベスト10
2009年 『山魔の如き嗤うもの』1位

表紙の絵が、好きなんです。私はw

DSC04868.jpg
幽霊屋敷系では、「どこの家にも怖いものはいる」 かなり面白いです。

折角なんで他の作家の本も
DSC04869.jpg
これは、有名ですね。
小野不由美 「残絵」


DSC04870.jpg
小池真理子 「墓地を見下ろす家」 これは怖い。

DSC04873.jpg
有栖川有栖の話も、怖くて面白い。 ミステリーホラー

DSC04864.jpg
2018年 第18回 本格ミステリー大賞 候補

DSC04854.jpg
第27回鮎川哲也賞受賞作、今村昌弘さんの『屍人荘の殺人』
2018年版「このミステリーがすごい!」1位
『週刊文春』ミステリーベスト第1位
『2018本格ミステリ・ベスト10』第1位
デビュー作にして前代未聞の3冠作品!

DSC04889.jpg
【サキ】 ちょっと、私にも見せてよ。(あ、それから髪伸びたので切って)

DSC04890.jpg
大石圭 「百二十歳の少女」 
【ひで郎】 サキ、それは・・・・   大石圭 かの有名な「呪怨」の作家  髪伸びるの早すぎない?


DSC04849.jpg
日本ミステリー最高傑作

DSC04850.jpg
「十角館の殺人」  綾辻行人 限定版

DSC04851_2018062919492854a.jpg
これもサイン本です。

DSC04852.jpg
これは、以前見せましたよね。  「隻眼の少女」 麻耶雄嵩
第64回日本推理作家協会賞
第11回本格ミステリ大賞

DSC04853_20180629194925fcd.jpg
去年サイン貰いました。 Kindleが乗ってるところは、私の名前があるので隠してます^^;

最近は、電子書籍が多くなりましたが
本には、電子書籍に無い魅力もあるのですよ。

DSC04875_20180629194924ef1.jpg
我が家には、書庫(娘の部屋)があります。
初版、サイン本、レア本多数。 同じ本3冊持ち

DSC04877.jpg
う~ん。私の娘だわ・・・ 女の部屋に見えないし・・カビ臭い。常にカーテンが閉まり暗い・・

DSC04894.jpg
さて、話は戻って 呪われた人形の話は何故あんなに怖いのでしょう。

DSC04902.jpg
怖いかなぁー?

たすけて・・・
DSC04912 (2)

【ひで郎】 八ッ  電気のスイッチ!
DSC04912 (1)
【霞】 うーん。 起こして下さい・・・・

やはり、怖いですね^^;

そんな事で
今回は、これまで

DSC04885.jpg
【霞】 では、また ノシ


拍手いつも有難うございます。
ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村




 2018_06_29


Comments

ちかごろ 

ひで郎さん こんばんは

う~ん 近頃、ミステリーもホラーも読んでない。(-_-;)
この手の物に手を伸ばしてないのは興味が無いからなのか?
どうも好き嫌いをしているようで、良くないですね。
東西問わず人形のホラー話はいっぱいありますね。
怪奇大作戦だったけかな? お人形さんが殺人を繰り返すのは。(古っ!)

霞ちゃん けっこう怖い・・・。
たも  URL   2018-06-29 22:32  

 

こんにち輪。

和製ホラーモノって云うのは何かこう、ねっとりした心理的な怖さを感じるものが多い気がします。
でもこの数年はほとんどホラー小説も読んでいません。
海外ものホラーの場合は精神的に来るかんじのものってあんまり無い気がしますけど、
例外的にずいぶん昔に読んだガストン・ルル―著「恐怖夜話」はえらく怖かった記憶があります。

呪われた人形…コワイですよね…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
前に言ったかも知れませんが、人形はあまりに大事にすると自分は人間だと思い込むのだそうです。
絵を描いたり模型作ったりしてる時に聴く怪談話の中の「人形焼き」という話にそうありました。

闇の中の霞さんやっぱりめちゃめちゃ怖ええええ!!
カタカタ言いながら動いたらさらに怖えええ!!ちーびーるー。
いぬふりゃ☆  URL   2018-06-30 16:47  

 

●たもさん
こんちゃー^^
学生の頃は、本など読んだ事無かったのですが、ノベル小説の影響で気が付いたら読むようになってましたね。
基本、ホラー・ミステリーがメインですが・・ミリ系も少しw
オカルト系の話では人形物はダントツに怖いと思います。市松人形あれだけは苦手です。
怪奇大作戦、チョット動画サイトで見ましたが・・やば 怖い。 現在欠番があるのが恐ろし過ぎる。
第7話の「殺人人形」 は、残念ながら見つけられませんでした。画像で見るとフランス人形ですかね。
調べるとあれ、あれが、と良く出て来ました。何でしょう。凄い気になる。
霞は、お気に入りなんですけど皆さん怖いと言いますね。(家族も)
少し、夜中に手が抜けてたり、目が取れてたりしますけど・・・可愛いですよww
ひで郎  URL   2018-06-30 21:21  

 

●いぬふりゃ☆ さん
こんばんは!
アメリカのホラーは、ゾンビが多いですね。武装して戦うイメージ。
ヨーロッパ系は、音楽が怖い。日本はねっとりとまとわり付く怖さ。
それぞれの文化の影響なんですかね。
ガストン・ルル―著「恐怖夜話」 アマゾンで1円で売ってました。送料300円 悩むww
でも読んで見たいですね。ブック・オフに置いてないかな^^  欲しい本に加えておきます。
それと、霞も怖いですが・・明日香も寝てるとテーブルから落ちて、私の頭に降ってくることがたまにあります。
夜ビックリして目が覚めますww(ベットでは無く、布団敷いて寝てます)
下からパ〇ツを眺めてるから・・・ち、違いますよww
ひで郎  URL   2018-06-30 21:41  

 

お久しぶりでございます。最近色々大変だったようですが、それでもきちんとブログを更新しているひで郎さんマジ凄いっす!!とリスペクト。

霞ちゃん、着物と口紅で怖さに磨きがかかっておりますなw
暗闇の中の姿になんかデジャヴを感じるなと思ったら、白目がほとんど見えないから「呪怨」の男の子状態なんですね(爆)
まあ丸いアイホールに丸瞳孔アイだと見開き目か三白眼かの究極の選択を迫られるワケですがwうちの連中も照明セット無しの普段は私以外が見たらそこそこ怖いかと…しかも夏はひっつき虫緩んで知らぬ間に目がロンパってるし。
私は霞ちゃん好みなんですが…まあ私に好かれても嬉しくはあるまい。

幼少時に祖母の持ってた横溝正史と江戸川乱歩と水木しげると梅図かずおで育った私としては、ホラーミステリー大歓迎なんですが、むしろ大人になって忙しくなってから長い小説が読むの辛くなってしまって(苦笑)
挙げられてる本、どれも面白そうなので読書癖を戻してチャレンジしたいですね。特に最初に挙げられていた三津田さんのはタイトルと表紙イラストで書店でも気になっておりましたwやっぱ好み似てますねw

ちなみに私「生きてる人間が一番怖い」派だったりします。
なんか霊的存在の方がこっちが気をつけてれば回避できそうな気がするんですよねぇw
はるぴん  URL   2018-06-30 22:47  

 

●はるぴんさん
こんちはー
言われてみると「霞」の画像、呪怨の男の子と似てますね。目もそうだけど、色の白さとかも(ニャー)と鳴いたらヤバそうです。
これから夏場にかけて「霞」の活きる季節になります。 鬱陶しい夏には最高かもしれませんw(それでいいのか)
祖母さんもミステリー好きだった様ですね。横溝正史、「金田一シリーズ」に、乱歩、「D坂の殺人事件」、「幽鬼の塔』」「怪人二十面相」懐かしい。
水木しげる、現代の鬼太郎も猫娘で話題がww 梅図かずお・・・子供の頃読んだ「漂流教室」でトラウマに・・・
三津田さんの「刀城言耶シリーズ」 地方の動揺、民謡からの殺人事件をを刀城言耶が探偵風に謎といていく。(物の怪か人の仕業か・・・?) 何となく金田一に似てるかな。表紙の絵は文庫では違ってます。私は邪魔だけど大きい本の表紙が好きですね。
小説は、個人により好き嫌いがありますから、ハマル人はツボにくるでしょうww(結構癖のある作品です。グロは控えめ)
最近の事件、過去の悲惨な事件を思うと「生きてる人間が一番怖い」となるのでしょう。 怖い系の話でも、生きてる人間が一番怖いと最後絞めてますもんね。
 
ひで郎  URL   2018-07-01 07:40  

 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2018_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ひで郎

Author:ひで郎
多趣味が禍して人形まで手を出した冴えない男。
夢は、趣味で生活したいと思っている。
リンクフリーですので宜しくお願いします。

ランキングへ参加中です

ランキングへ参加中です

蝶が舞うリースの時計

ランキングへ参加中です

ランキングへ参加中です

応援宜しくお願いします。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

お勧め本

FC2カウンター

楽天のお勧め

お勧め本

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

怪物王女ナイトメア(2) (シリウスKC) [ 光永 康則 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2018/8/26時点)


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.